誇りある日本の地域づくりを支援する地域ブランディング研究所

地域ブランディング研究所 面白いことをガンガン仕掛けて日本のまちを元気にする集団!!

私たちのビジョンVISION

まちの誇りが輝き、
ワクワク・感動あふれる日本へ

日本は、人口減少時代に突入しています。もはや従来のまちづくりでは通用せず、後世まで持続的に稼げるまちづくりへの転換が必要です。
世界的な都市間競争が激化する中で必要なのは、内需だけでなく外需も取り込める都市・地域への転換です。そのためには、わざわざ行きたくなる、誰かに自慢したくなるまちづくりや、お金を払ってでも体験したくなる、歴史・文化を背景とした見せかけではないホンモノの体験のプログラム化・発信が急務です。
日本の観光産業は「訪日観光客を2020年に4000万人、2030年に6000万人を目指す」という国家戦略目標が掲げられました。これまで眠っていたまちの魅力を発掘し、物語を編集してプログラム化していけば、日本のあらゆるまちがブランディングされ、目標の達成も可能になります。
「日本のまちの誇りをもっと後世に残していきたい」というパッションをもったメンバーが、高付加価値型の稼げるまちづくりを応援していくことで、国内・海外・次世代へのまちの誇りの架け橋となるべく、汗をかき続けます。

私たちのミッションMISSION

~まちの誇りの架け橋~

  • 魅力を発掘・独自化し、
    ファン定着の仕掛け作り
  • わざわざ行きたい、
    特別な稼げる体験への磨き上げ
  • 持続可能に事業を
    経営できるひと・組織づくり

地方創生という言葉がはやっていますが、我々は他のまちとの差別化要素を明確にし、外貨を稼げる力を持つ強いまちづくりと、それによってまちが持続的に生き残っていくことを応援しています。そのために、
①外からの立場で、地域に眠る歴史・文化・グルメ・ひと・風習・景観・祭り・コミュニティ等の魅力のうち何が他と差別化できる特別な価値なのかを整理し、ターゲットを明確にして発信します。ターゲットのセグメントをより明確にすることで、本質的なリピーターやファンを創っていくことをめざして動きます。
②モノ消費からコト消費が叫ばれる中、面白い・わざわざいきたい・自慢したくなる体験のプログラム化が必要です。他ではできない、“ここだけの体験”に対しては、しっかりと対価を支払ってくれる可能性があります。感動体験を提供することで、クチコミ・ファン拡大を行える、受入体制構築を応援します。
③まちを持続的に残していくには、そもそもの人材育成・組織作りが必要です。セミナーやワークショップ等を通して、人材育成もお手伝いします。また、将来が有望な優秀な若者と日本のまちを魅力的に変革していく会社・組織をマッチングしていくことで、より強い組織づくりを応援します。

これら3つのアプローチからまちをブランディングし、より強いまちづくりをサポート致します。

地ブラスピリットSPIRIT地ブラスピリット

「まちの課題を解決し、
変革できる人材」

  • 情熱

    パッションをもって
    顧客に価値提供しよう

  • 論理性

    論理的に情報、統計を編集して
    新しい解決策を提示しよう

  • 現場主義

    現場を大事に汗をかき、
    ゴールを目指して伴走しよう

行動指針ACTION行動指針

  • ゴールから逆算し期日までにやりきろう
  • 学び続け、専門性が突き抜けたプロになろう
  • 納得いくまで現場で動き調べ考え、自ら解決策を導き出そう
  • 成果へこだわりを持ち、顧客と信頼関係を構築しよう
  • 仮説・挑戦・改善・仕組化を重ねて成長しよう
  • 謙虚さ・素直さ・感謝の気持ちを持ち続けよう
  • チームの成果のために連携し、役割を全うしよう
  • 自ら機会を作り出し、世の中にイノベーションを起こそう
  • ふるさと・家族・仲間・パートナーを大事にしよう
  • 自責&ポジティブ思考で動こう
  • 伝えたかでなく伝わったかが大事、相手の立場で考えよう