【2019年2月】訪日外国人数は260.4万人。たこ焼き屋のシンプルな多言語対応がすごい!

日本政府観光局(JNTO)の2月速報が発表!

本日3/19, 2月の訪日外国人数 がJNTOより発表されました!

結果は前年比+3.8%の260.4万人。前年は上回りました。

image

(出典:日本政府観光局(JNTO)発表資料より作成)

 

 

東アジアが低調

国別内訳は下記の通り。

image

訪日外国人の大多数を占める東アジア4カ国がほぼ前年並み。

春節は例年どおり2月だったことを鑑みるとやや物足りなさを感じます。

 

一方タイやベトナムをはじめとした東南アジア諸国は順調に増加。JNTOは「航空座席供給量の増加」が要因だと伝えています。

 

好調が続くタイとベトナムの月次推移

継続した成長が続くタイとベトナムの訪日数推移について見てみましょう。

 

2018年の訪日タイ人は113.2万人

月次推移をみると2018年以降伸び率が加速しています。2018年は通年で113.2万人でしたが、このペースが続けば120-130万人台は確実です。

image

 

2018年の訪日ベトナム人は38.9万人

続いてベトナムを見てみましょう。年度間の折れ線グラフが離れており、順調なタイと比較しても伸び率が好調なことが分かります。

2018年の訪日ベトナム人数は38.9万人。今年は50万人を越える可能性があります。

image

 

回帰分析から導かれた2019年訪日外国人予測

2019年の年間訪日外国人数について予測してみました。

算出根拠は下記の通り。

  • 2月訪日観光客数をX
  • 年間訪日観光客をY

として過去8年分のデータを元に回帰分析。

image

導かれた回帰式は Y=6.3232X + 730,874

結果現時点での2019年通年 訪日外国人数は 3,420万人 (前年比9.7%増)

となりました。

 

アメ横のタコ焼き屋は多言語対応している

先月ご紹介したアメ横のたこ焼き屋さんですが、3月も観察してみたら、やはり訪日外国人が多く並ばれていました。

takoyaki-okachimachi

 

多く並ぶわりに決済がスムーズに進むので、なぜなのか店舗をよく観察してみると・・・

takoyaki-okachimachi2

手作り感満載ですが多言語化されていました!

 

またメニューはとてもシンプルでたこ焼きのみ!

違いは個数による価格の違いのみです。(4個200円、6個300円、8個400円)

takoyaki-okachimachi3

 

好みの分量が人によって分かれるソース・マヨネーズ・鰹節はセルフサービス

takoyaki-okachimachi4

 

極力迷わせないオペレーションが、訪日外国人に人気の1要因なのかなと思いました。

多言語化というとなかなか腰が重くなりがちですが、お客様を迷わせずにシンプルにする

ことからはじめると、とっかかりやすいのかなと思いました。香川のさぬきうどん店とかにも応用できそうですね。

 

まとめ

  • 2月は東アジアが伸び悩む
  • 一方東南アジアはタイ・ベトナムをはじめてとして順調に成長中
  • 回帰分析では通年3,420万人
  • アメ横たこ焼き屋さんは多言語対応の手本

となりました。来月もお楽しみに!

 

今日の一句

”迷わせない シンプルさこそ おもてなし”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で地ブラ_インバウンド情報局をフォローしよう!


私たちについてインバウンド集客事例

イメージに惑わされない正確なインバウンド情報を、マーケットデータと海外出張で得た現地1次情報を交えてお届けします。
数多くの官公庁・民間施設をお手伝いして参りました。インバウンド 体験メニューのご相談は是非弊社におまかせ下さい!