【2018年07月】訪日外国人7月は失速。旅行形態と災害の関係を考える。

7月は過去最高の283万人!だけど・・・

8/15 16:00 JNTOから訪日外国人7月の速報が発表されました。その数約283万人(2,832,000人)。

7月単月数値としては過去最高となりました。

201807jnto

(出典:日本政府観光局(JNTO)発表資料より作成)

 

ただ前年比伸び率はわずか5.6%と伸び悩み。

 

国別に見ていきますと、韓国と香港が伸び率マイナスでした。

 

201807jnto-nobi

韓国はなぜ訪日数が落ち込んだのか?

伸び率が一番芳しくなかった韓国に着目すると7月の低調さがより際立ちます。

201807jnto-korea

 

JNTOは

  • 6/18:大阪北部地震
  • 7月上旬:西日本集中豪雨

の影響で、旅行需要が抑えられたためと報じています。

地震によって訪日数が激減したパターンは2016年の熊本地震発生時にも見受けられました。

 

韓国は日本と一番地理的に近いこともあり、個人旅行者は直前に航空券を取ることができます。立て続けに発生した災害が、この直前予約する流動層へ大きく影響したと考えられます。

 

一方団体旅行比率が高いベトナムは、前年比伸び率が7月一番高い35.6%でした。これは前もって予約していたため、キャンセルが発生しにくかったのでしょう。

vetnum

 

国ごとの旅行手段の違いが、災害発生時に与える影響は、今後インバウンドマーケティングする上で大変興味深い傾向です。

 

【参考】ベトナムはなぜ団体旅行比率が高いのか?現地調査した記事

【現地訪問】ベトナムの旅行会社46社と商談して感じた訪日ベトナム人市場のポテンシャル

 

過去データから回帰分析してみた⇒2018年通年予測は3,258万人

7月は伸び率大きく落ちましたが、このデータをもとに回帰分析を行いました。

算出ロジックは下記の通り。

  • 7月累計訪日観光客数をX
  • 年間訪日観光客をY

として過去7年分のデータを元に回帰分析。

201807kaiki

 

導かれた回帰式は Y=1.7282X  +  211,263

結果現時点での2018年通年 訪日外国人数は 3,258万人 (前年比13.6%増)

となりました。

これまでの予測の推移は下記の通り。

JNTO統計月 当社予測値(人)
1月 32,463,131
2月 33,513,973
3月 33,418,358
4月 33,147,995
5月 33,147,899
6月 33,096,948
7月 32,582,406

 

まとめ

以上7月の訪日外国人統計をまとめると

  • 7月単月最高の283万人
  • 訪日韓国人が地震・豪雨の影響で大きく伸び悩む。
  • 個人旅行・団体旅行比率は災害発生時の訪日数に影響。
  • 回帰分析では通年予測3,258万人と少しペースダウン

来月もお楽しみに!

今日の一句

”災害で 大きく変動 韓国人”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で地ブラ_インバウンド情報局をフォローしよう!


私たちについてインバウンド集客事例

イメージに惑わされない正確なインバウンド情報を、マーケットデータと海外出張で得た現地1次情報を交えてお届けします。
数多くの官公庁・民間施設をお手伝いして参りました。インバウンド 体験メニューのご相談は是非弊社におまかせ下さい!