【201806】訪日外国人上半期は1,590万人!うち5%を占めるアメリカ人観光客。

6月は過去最高の270万人!

7/18 16:00 JNTOから訪日外国人6月の速報が発表されました。その数約270万人(2,704,500人)。

6月単月数値としては過去最高となりました。

hounichi201807

(出典:日本政府観光局(JNTO)発表資料より作成)

 

また上半期の累計数値は1,590万人。単純に2倍したとして、2018年の3,000万人越えはほぼ確実です。

 

すべての国が前年比増

今月も速報値が算出されるすべての国で前年比プラス。インバウンドの好調ぶりを示しています。

 

hounichi201807-nobi

 

また、念のため上半期の国別伸び率も算出してみました。

やはりどの国も前年比伸びています。

hounichi20180kamihanki-nobi

 

欧米系最大手のアメリカ人観光客は如何に?

さてコト消費市場と相性が良い欧米系外国人の最大手、アメリカ人観光客はどのように推移しているのでしょうか?

DSC09577

 

6月は単月過去最高値の16.2万人 !

これは訪日外国人全体の約6%を占めています。(上半期累計では約5%)

hounichi201807-usa

 

 

一方アメリカよりも地理的に近い東南アジア最大手のタイは7.4万人。

ピークシーズンである4月の数値をもってしてもアメリカ人観光客に敵いません。

hounichi201807-tai

 

普段訪日外国人の統計を分析していると、ボリュームの多い東アジアの4カ国(中国・韓国・台湾・香港)にどうしても目が向きがちですが、次点グループの動向もなかなか興味深いですね。

 

過去データから回帰分析してみた⇒2018年通年予測は3,310万人

上半期の累計数値を単純に2倍すると3,180万人ですが、回帰分析ではどのように出るのでしょうか?

 

算出ロジックは下記の通り。

  • 6月累計訪日観光客数をX
  • 年間訪日観光客をY

として過去7年分のデータを元に回帰分析。

hounichi201807-kaiki

導かれた回帰式は Y=2.0624X  +  307,646

結果現時点での2018年通年 訪日外国人数は 3,310万人 (前年比15.3%増)

となりました。

これまでの予測の推移は下記の通りです。

JNTO統計月 当社予測値(人)
1月 32,463,131
2月 33,513,973
3月 33,418,358
4月 33,147,995
5月 33,147,899
6月 33,096,948

 

まとめ

以上6月の訪日外国人統計をまとめると

  • 6月単月最高の270万人
  • 訪日アメリカ人観光客は全体の6%
  • 地理的に近いタイ人よりも多い
  • 回帰分析では通年予測3,310万人

来月もお楽しみに!

 

今日の一句

”存在感 地道に増してる アメリカ人”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で地ブラ_インバウンド情報局をフォローしよう!


私たちについてインバウンド集客事例

イメージに惑わされない正確なインバウンド情報を、マーケットデータと海外出張で得た現地1次情報を交えてお届けします。
数多くの官公庁・民間施設をお手伝いして参りました。インバウンド 体験メニューのご相談は是非弊社におまかせ下さい!