【201803】JNTO3月、訪日観光客数は261万人。通年予測は3,342万人。

日本政府観光局(JNTO)の3月速報が発表!

4/18 15:30 JNTOから3月の速報が発表されました。その数約261万人(2,607,900人)。

訪日観光の目玉である桜の開花は今年は3月でしたが、データとしては前年比伸び率18.2%となりました。

image

 

(出典:日本政府観光局(JNTO)発表資料より作成)

 

 

キリスト教圏が大きく伸長

3月の伸長を支えたのはキリスト教圏の国々。イースター休暇が2018年は3月だったこともあり、キリスト教の国々が大きく伸びました。

image

特にフィリピン・イタリアの伸び率がすごいですね。

また、意外なことに韓国における最大の宗教勢力はキリスト教(プロテスタント+カトリック)。ゆえに韓国も伸び率が高い水準にあります。

余談ですが、弊社スタッフのパクさんもキリスト教(カトリック)でした。キリスト教が本格的に普及したのは日本よりも後だそうです(1700年代後半)。

ちなみに儒教は宗教ではなく、習慣です。

image

(出典:外務省 大韓民国基礎データより作成。宗教人口は全国民の53.1%。上記はその内訳)

 

回帰分析から導かれた2018年訪日外国人予測

3か月分のデータを使い2018年通年の訪日外国人数を予測してみました。

算出根拠は下記の通り。

  • 3月累計訪日観光客数をX
  • 年間訪日観光客をY

として過去7年分のデータを元に回帰分析。

 

image

導かれた回帰式は Y=4.3766X + 74,683

結果現時点での2018年通年 訪日外国人数は 3,342万人 (前年比16.5%増)

となりました。

 

2017年は3月データ時点で高精度な予測が算出できていたため、上記数値はかなり確度が高いでしょう。

 

 

まとめ

桜が開花した3月におけるJNTO訪日観光客統計をまとめると

  • 2018年3月はキリスト教圏国がけん引する
  • 特にフィリピン・イタリアの伸びが大きい
  • 実は韓国の最大宗教はキリスト教
  • 回帰分析では通年3,342万人

となりました。来月もお楽しみに!

3/27 浅草の様子

 

 

今日の一句

”韓国の 30%は 切支丹”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で地ブラ_インバウンド情報局をフォローしよう!


私たちについて



イメージに惑わされない正確なインバウンド情報を、マーケットデータと海外出張で得た現地1次情報を交えてお届けします。
数多くの官公庁・民間施設をお手伝いして参りました。インバウンド 体験メニューのご相談は是非弊社におまかせ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です