【201801】JNTO1月、訪日観光客数は250万人。回帰分析したら通年予測3,246万人になった。

日本政府観光局(JNTO)の1月速報が発表!

2/21 16:00 JNTOから1月の速報が発表されました。その数約250万人(2,501,500人)

2017年まで前年比伸び率2ケタ増が続いていましたが、2018年1月は 9% と2ケタを割り込む結果となりました。

image

(出典:日本政府観光局(JNTO)発表資料より作成)

 

なぜ1月伸び悩んだのか??

なぜ今年の1月は伸び率がイマイチだったのでしょうか?国別に内訳を見ると・・・

訪日観光客全体の約50%を占める3カ国(中国、台湾、香港)勢が全く増加していません。

image

(出典:日本政府観光局(JNTO)発表資料より作成)

香港に至っては前年比-13.5%と大幅減。一体どうなってしまったのでしょうか?

 

旧正月(春節)が2月にずれ込んだ

その理由は、中華圏独特の歴習慣、旧正月(春節)にありました。

下記は過去8年の旧正月日程一覧です。

開始日 終了日 日数
2018 2/15 2/21 7
2017 1/27 2/2 7
2016 2/7 2/13 7
2015 2/18 2/24 7
2014 1/31 2/6 7
2013 2/9 2/15 7
2012 1/22 1/28 7
2011 2/2 2/8 7

年によって1月~2月と変動します。

 

2017年は1月が春節訪日ピークに対し、

2018年は2月に春節が訪れたことによって伸び率が低くなったというわけです。

 

2月は1月と逆の現象が起こるため、高い伸び率が期待できるでしょう。

 

旧正月国でも伸びている国がある

ただ同じ旧正月の影響を受ける

  • 韓国(ソルラル)
  • ベトナム(テト)

の2国は前年比30%弱と高い伸び率を示しています。

 

image

(出典:日本政府観光局(JNTO)発表資料より作成。1月大きく伸びている)

 

JNTOによると

  • 韓国・・・ソムラル休暇が2月→1月に移行 +航空便の増便
  • ベトナム・・・テト休暇が2月→1月に移行 +航空便の増便

が増加要因と伝えています。

 

一概に春節(旧正月)といっても国によって多少アレンジされるわけですね。

 

 

回帰分析から導かれた2018年訪日外国人予測

まだ1月ですが、2018年の年間訪日外国人数について予測してみました。

算出根拠は下記の通り。

 

  • 1月訪日観光客数をX
  • 年間訪日観光客をY

として過去7年分のデータを元に回帰分析。

image

導かれた回帰式は Y=12.743X + 586,642

 

結果現時点での2018年通年 訪日外国人数は 3,246万人 (前年比13.1%増)

となりました。

 

今年は3,000万人突破は確実でしょう。

 

まとめ

というわけでJNTO訪日観光客1月統計ですが

  • 2018年1月は春節移行の影響で中華圏を中心に伸び悩む
  • 旧正月休暇は国によってもズレる
  • 回帰分析では通年3,246万人
  • 3,000万人は堅い

となりました。

 

旧正月のムラが平準化される2月累計値がどうなるのか、注目です。

 

 

今日の一句

”国ごとに 休暇も変動 旧正月”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で地ブラ_インバウンド情報局をフォローしよう!


私たちについて



イメージに惑わされない正確なインバウンド情報を、マーケットデータと海外出張で得た現地1次情報を交えてお届けします。
数多くの官公庁・民間施設をお手伝いして参りました。インバウンド 体験メニューのご相談は是非弊社におまかせ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です