【グラフ付】インバウンド 消費額データを超掘り下げて解説してみた。

出典:観光庁 訪日外国人 消費動向調査のデータより作成しております

訪日外国人 旅行消費金額の推移

2019年の訪日外国人数は前年比+2.2%(3,188万人)と例年より伸び悩みましたが、消費金額は前年比+6.5%の4.8兆円と大変好調でした。

インバウンドは量より質の時代に転換しつつあります。

国別 旅行消費金額(2019)

2019年 訪日外国人観光消費額を国別に分解したデータになります。

訪日数でも圧倒的な中国人が消費金額でも上位に位置していますが、注目すべきは欧米豪勢の消費金額。足し合わせると中国に匹敵する規模です。

一方韓国は 訪日数第2位の割に消費金額が少な目です。

なぜ訪日人数と消費金額が比例しないのか。その謎の答えが次のグラフです。

国別 1人あたりの旅行消費金額(2019)

下記は訪日旅行時にどれだけのお金を使うのか国別に示したグラフです。(単位:万円)

アジアと欧米豪で明確に差が出ていることがわかります。

  • アジア:10万円前後
  • 欧米豪:20万円前後

コト消費のターゲットとして狙うなら欧米豪である理由がここにあります。

余談ですが、韓国の消費金額が低いのは、私達日本人が週末安く韓国にいく感覚に近いようです。

国別 旅行消費金額の目的別内訳(2019)

さらに掘り下げて、目的別にどれほどのお金を使ったのか?国別に比率で算出したものが下記グラフです。(単位:%)

※日本までの交通費は含まれていません

アジア勢は買い物に使う傾向が。特に訪日中国人は旅行費用の半分も買い物に費やしています。

対して欧米豪勢は宿泊費や交通費が多いです。これは唯一無二の素晴らしい体験ができるなら地理的に離れた場所でも足を運ぶコト消費重視の嗜好性が表れているから。地方のインバウンド事業者はこの層をターゲットにすると良いでしょう。

さらに掘り下げるとイギリス・オーストラリアの娯楽サービス費が際立っています。これは

から。

欧米豪の中でも国ごとにコト消費の嗜好性が変わってくるのが面白いですね。

国別 1人あたりの平均宿泊数(2019)

アジア勢が10日以内に対し、欧米豪は10日以上と長期滞在の傾向が明確に出ています。

これはまとまった休みを取りやすい環境に加え、せっかく遠い場所に行くなら長く滞在したいという思考になるから。コト消費との相性は抜群です。

ちなみにベトナム・フィリピン人の平均宿泊数が多いのは、仕事目的で長期滞在している方が多いから。

観光レジャー目的に絞り込むと下記グラフの通り落ち着きます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で地ブラ_インバウンド情報局をフォローしよう!


私たちについてインバウンド集客事例

イメージに惑わされない正確なインバウンド情報を、マーケットデータと海外出張で得た現地1次情報を交えてお届けします。
数多くの官公庁・民間施設をお手伝いして参りました。インバウンド 体験メニューのご相談は是非弊社におまかせ下さい!